シュノーケリングの初心者から上級者までの総合情報サイト

シュノーケリングの初心者から上級者までの総合情報サイト リーフツアラーWEBマガジン | ReefTourer WEB-Magazine

HOW TO

シュノーケリング時の服装は?安全で動きやすい格好・装備について

-HOW TO

投稿日:

初めてのシュノーケリング、服装はなにを着ればいいの?という方へ向けた記事です。

シュノーケリング時の服装

シュノーケリングを行う時の天候や地域によって適した服装が異なります。水温などを調べてから準備をしましょう!沖縄や夏場のシュノーケリングの服装は、「暖かい海でのシュノーケリングの服装」を参考にしてください。

暖かい海でのシュノーケリングの服装

ラッシュガード

日焼けの防止、ケガの防止をしてくれるアイテムです。 特に、夏や沖縄など強い日差しの中では必須。日焼け止めは海水や汗で落ちてしまいますが、ラッシュガードなら安心です♪

ジッパータイプ、頭からかぶるタイプがあります。お好みに合わせて選びましょう。フィンガーホール付きならシュノーケリング中の袖のずり上げがなくて◎

レギンス

シュノーケリング中は水面に浮かび、背中側を太陽に向けた状態を長時間とります。遊んでいる最中に目に入らない箇所なので、気が付いたら脚の裏側がヒリヒリ!ということも・・・。こちらも、ウエットスーツを着用しない場合にはラッシュガードとセットで用意しておくことをお勧めします。

水着

季節や地域によって海水温が異なるため、場合によってシュノーケリングの際に着用するものが異なります。しかし、どの服装でも必須なのが水着です。ラッシュガードとの併用が基本なので、重ね着しやすければどのような水着でも大丈夫です◎

帽子

海への移動、休憩時にあると便利です。砂遊びや磯遊びをする際には絶対にあった方が良いアイテム。下を向いて夢中になっていると、髪の毛や頭皮、首周りを日焼けしがち。お子様と海に行かれるならば必ず用意しておきましょう。首まで守ってくれるタイプの帽子がおすすめです。

RA5006 ジュニアUVキャップ

 

タオルや上着

水中ではかなり早い速度で体温が失われます。お子様と一緒にシュノーケリングをする際には、体温にも注意を払ってください。陸に上がってから体を乾かし、保温するための大きなタオルやポンチョ、パーカーを用意しておくのも良いでしょう。

 

男女ともに、水着+ラッシュガード+レギンス+海パン(サーフパンツ)が基本です。しかし、最近はマリンスポーツ用のおしゃれなトレンカもありますので、女性ならば上は水着とラッシュガード、下はおしゃれトレンカでもかわいいです◎ 寒がりな方は厚手のラッシュガードを用意しましょう。

 

寒い海でのシュノーケリングの服装

ウエットスーツ

サーフィンやダイビングで使用されるウエットスーツですが、シュノーケリング中も役立つアイテム。体温の低下、ケガ、日焼けを防ぐだけでなく、浮力体としての役割も果たします。ツアーでシュノーケリングに行かれる場合には、お店でレンタルできることもありますので、事前にご確認を!

気軽に着られるセパレートタイプのウエットスーツもあります。

シュノーケリング用レディースウェア

シュノーケリング用レディースウェア

シュノーケリング用メンズウェア

 

水着

ウエットスーツの下には水着を着用します。ウエットスーツはとても暖かいですが、その分動きが多少制限されたり、陸上では暑すぎるために休憩中に上半身だけ脱ぐことがあります。人前で脱いでも大丈夫なようにしておきましょう。水着の上にラッシュガードを着て、その上からウエットスーツを着ることもあります。

マリングローブとシューズ

シュノーケリングの際は岩やサンゴ、熱い砂浜、クラゲなどから身を守るために露出を抑えることが大切。手や足もしっかり保護できる服装にしましょう♪ 特に、マリンシューズは靴底がしっかりした作りのものがおすすめです。

 

シュノーケリングの道具

シュノーケリングの服装についてはバッチリでしょうか?シュノーケリングに使う道具の選び方、使い方についてまとめた記事もありますので、よかったら参考にしてくださいね!

もっと知りたい!シュノーケリングの道具を準備する!

ReefTourer WEB-Magazine , 2019 All Rights Reserved.