SNOFAN トップ > シュノーケリングWEB講座 > 道具の調整&使い方

海へ行く前に!道具の調整&使い方

マスクの調整

  • 新しいマスクのレンズには油ぶんが付いています。このままでは曇るので中性洗剤でよく洗っておきましょう。
  • ストラップの長さを調整しましょう。顔に合っていれば、きつく締めなくても水は入ってきません。
  • 装着するときは、ストラップがねじれないよう気をつけ、前髪など髪の毛をはさまないようにしましょう(水が入ってきてしまいます)。

シュノーケルの調整

  • マスクのストラップ部分に装着し、口元にくるように調整しましょう。咥わえたときの、ゴムの味やにおいがイヤな方には、「シリコーン製マウスピース付き」のシュノーケルがオススメです。

フィンの調整

  • マリンシューズを履いてからフィンを装着しましょう。
  • ストラップの締め方や緩め方、外し方を確認しましょう。

シュノーケルの使い方

Lesson 1
シュノーケルをくわえてみよう!

マウスピースのくわえ方のコツは「あ・い・う」の口です。

  • 「あ」の口で、マウスピース全体を口に入れます。

  • 「い」の口で、凸部分を奥歯でしっかり噛みます。

  • 「う」の口で、口をしっかりすぼめます。

Lesson 2
シュノーケルを使った口呼吸を練習しよう!

シュノーケリングでは、口だけで呼吸をします。
お子さんの場合、リラックスさせるためにシュノーケルをくわえながら歌を歌ったり、ママとおしゃべりするのもいいかも!

  • まず鼻をつまんで口で呼吸してみましょう。慣れてきたらマスクをつけて口で呼吸してみましょう。

  • シュノーケルを口にくわえて呼吸します。

  • 水中に顔をつけて呼吸してみましょう。

Lesson 3
シュノーケルクリアをマスターしよう!

シュノーケルをつければ、自動的に呼吸ができるわけではありません。波をかぶれば、シュノーケルの先端から水が入ってきて、水を飲み込んでしまいます。
そこで必要となるのが「シュノーケルクリア」。息を「ぷっ」と吐いて、パイプ内に入った海水を外に出すテクニックです。パパとママもマスターしてから海で遊びましょう。

  • シュノーケルを水につけて、パイプの中に水を入れます。

  • 水が入ったままの状態でマウスピースをくわえて、舌をマウスピースに押し当てて「ぷっ」とお腹から思いっきり息を吐きます。シュノーケルの先端から水が飛び出せば、シュノーケルクリア大成功!

  • 慣れてきたら実際にマスクとシュノーケルを装着して練習してみましょう。お子さんの場合は「ママに水鉄砲かけてね!」と、遊び感覚で練習するのもいいかも!

  • 基本ルール&海で楽しく過ごすために

  • 何が必要?道具の選び方

  • 道具の調整&使い方

  • 海に潜む危険生物