スノーケリングを楽しもう

トップページ > スノーケリングを楽しもう > 旅行記 > ボホール島 in フィリピン

ボホール島 in フィリピン

 
ボホール島周辺スノーケリングポイント紹介はこちら
冒険に出かけよう。
スノーケリング旅行記 子どもの夢と、子どもの頃からの夢をかなえる
 
手付かずの自然が残る島。フィリピンボホール島 ボホール島周辺
  ボホール島はフィリピン諸島の中心に位置し、ダイビングのメッカとして、自然豊かなリゾートとして知られています。ボホール島と橋で結ばれているパングラオ島と州都タビグララン市の近くにはモダンで豪華なリゾートが点在しています。

【気候】平均気温 25℃~32℃
【時差】
日本より1時間遅い。
(日本が午前10時のとき、フィリピンは午前9時)
【言葉】フィリピン語・英語
【通貨】
1ペソ(P)=100センタボ(¢)=約2.4円
(2007年3月現在)
スノーケリングポイントMAP
 
  魅力あふれるフィリピン3泊4日の体験プランを紹介
  ビーチ 日本から空路で4時間、そこは太平洋に浮かぶ7107の島からなる国フィリピン。首都マニラは、中世と現代がうまく混ざりあい、16世紀、スペイン統治時代に建てられた数々の建造物と馬車がコトコトと通り過ぎて行く歴史地区、高層ビルや巨大ショッピングセンターが立ち並ぶ洗練された地区など、多彩な表情に溢れている。

ボホール島は、マニラから空路で約1時間15分、ビサヤ諸島の中ほどにあるフィリピンの近代史が始まった歴史ある島。美しい海をはじめ、手つかずの自然が残っている。大人は癒され、子どもは自然のことを学ぶ。そんな魅力溢れるフィリピン3泊4日の体験プランを紹介しよう。
 
DAY01 マニラで歴史探訪問とショッピング
  マニラ到着後、ホテルに荷物を置いたら、いざ観光へ。まず訪れておきたいのは、16世紀に造られた城壁に囲まれた歴史地区イントラムロス。ここは、世界遺産のサン・オーガスチン教会、サンチャゴ要塞など、アジアで唯一スペイン統治時代の面影を色濃く残す。

ショッピングならマカティ地区がお勧め。ここはお洒落なカフェやレストラン、海外ブランド品が一通り揃う大型ショッピングセンターと高層ビルが建ち並ぶ大繁華街。そして、昨年、マニラ湾沿いに世界で3番目に大きなショッピングモール「モールオブアジア」もオープンし、勢いは止まることを知らない。夜は疲れた身体をマッサージ!しかも値段はとってもリーズナブル(ボディマッサージ 1時間 1000円くらい)。ぜひこの機会をお見逃しなく。
  マニラで歴史探訪問とショッピング
ハロハロとマンゴー
 
DAY02 ボホール島を大探検
  朝8時、マニラからフィリピン航空でボホール島へ1時間15分のフライト。ボホール島に到着したら、迎えの車で宿泊先のボホールビーチクラブへ。空港から約40分、そこはボホール島と橋で繋がるパングラオ島にある、椰子とパウダーサンドの砂浜が限りなく続くネイチャーリゾート。早速ビーチでのんびりスノーケリングといきたいところだが、それは明日にとっておいて、島内観光へ出発。

まずは、ボホール島でしか見ることのできない世界最小のメガネザル「ターシャ」を見に行こう。保護センターでは、間近でその愛らしい姿を観察することができる。ターシャをたっぷり見た後は、ロボック川でランチクルーズとしよう。椰子のジャングルを縫うように進む船で、クルーズを楽しみながら食事ができる。船上でフィリピン料理を満喫した後は、ロボック川にかかる吊り橋に行ってみよう。竹で編んだ吊り橋は、スリル満点。まるで冒険映画のワンシーンのようだ。子どもよりも大人のほうが、腰が引けてしまうかも。

そして、ボホール島一番の名所「チョコレートヒル」へ。展望台に上がると地平線の果てまで円錐形の山が幾重にも広がっているのがわかる。その他、ボホール島には、フィリピン最古のバクラヨン教会や、スペイン総督レガスピとボホール島の酋長との友好条約を結んだ血盟記念碑など、興味深いものがたくさんある。
 
世界最小のメガネザル「ターシャ」体調10cm
ロボック川でランチクルーズ
地平線の果てまで円錐形の山が幾重にも広がっている
 
DAY03 サンゴと熱帯魚の海を満喫する
  1日の始まりはドルフィンウォッチングから。早朝6時、イルカ達に会いにゆく。ボートでボホールビーチクラブを出発して30分、数えきれないほどのイルカ達を発見!朝食中のイルカ達は、いくつかのグループに分かれて、潜ったりジャンプしたり船と並走したりと、人間達をおおいに楽しませてくれる。

ドルフィンウォッチングを楽しんだ後は、スノーケリングの楽園バリカサグ島へ。周辺の海は、抜群の透明度を誇り生物保護区に指定されている。1~3mほどの浅瀬に美しいサンゴが密生し、色とりどりの熱帯魚が群がる自然の宝庫。スノーケリングギアを装着して海へ。海に顔をつけてフィンを動かせば、クマノミや色とりどりのかわいい熱帯魚に大接近。波もほとんどないので魚やサンゴの観察も思う存分できる。リーフエッジ(浅瀬のあと、一気に数十メートル以上落ち込む水中との境目)に目をやると、時折アジの大群が通り過ぎ、カメが紺碧色の海をゆっくりと泳いでいる光景にも出会える。スノーケリング初体験の子ども達も、海の中の大自然に心奪われ、あっという間に水中に慣れ、楽しむことができるだろう。

泳ぎが苦手でもスノーケリングベストを着用すれば、安心・快適に水中観察や水中撮影も楽しめる。魚やサンゴを撮って、名前や生態を調べる自由研究の材料にするのもいいかも。水族館の水槽の中にいるような感覚に、時間が経つのを忘れてしまうが、南国の日射しは強烈なので、数時間ごとの日焼け止めを忘れずに。そして、適度な休息と水分補給も。

1日たっぷりスノーケリングを楽しんだ後は、ホテルに戻って白砂のプライベートビーチでリラックスタイム。静かな浜辺と椰子の木を揺らす南国の優しい風が、疲れた身体を癒してくれる。そして、海と砂浜がオレンジ色に染まる美しい夕日を堪能しよう。
 
ドルフィンウォッチングイルカ達の群れを発見!
スノーケリングギアを装着して海へ!
珊瑚と熱帯魚が群がる自然の宝庫
大人気のクマノミや可愛い熱帯魚に大接近
海と砂浜がオレンジに染まる美しい夕日を堪能しよう
 
DAY04 たくさんの想い出と共に日本へ
あっという間の4日間。
見るもの全てが新鮮な国フィリピン。 また行こうね!
今年は家族で自然学習にでかけてみませんか。 家族イメージ1
スノーケリングイメージ 家族イメージ2
 
 
宿泊・ボホール島ツアー等のお問い合わせ
 
ソフィテル・ホテル・フィリピン・プラザ画像
マニラ湾に面して建つリゾートホテル。ソフィテル・ホテル・フィリピン・プラザ
TEL 03-5814-8543 全612室
http://www.accorhotels.com
 
ボホール島探検ツアー画像
手付かずの自然が体験できる。フィリピンボホール島 探検ツアー
ターシャとの触れ合い、ロボック川でのランチクルーズにチョコレートヒルの絶景。ボホール島の魅力が満載の観光はフィリピン政府観光省までお問い合わせください。
フィリピン政府観光省はこちら
 
 
スノーケリングポイント紹介! スノーケリングポイント紹介!

一番上に戻る