SNOFAN トップ > シュノーケリングスポット > 伊豆半島 > ヒリゾ浜(ヒリゾ海岸)

ひりぞはま(ひりぞかいがん)
ヒリゾ浜(ヒリゾ海岸)

抜群の透明度を誇る伊豆屈指の秘境。
磯と岩場だけの海岸は、豊かな黒潮により、南国の季節回遊魚や大物の回遊魚も見られるシュノーケリングの絶好ポイント。
遊泳可能期間は、7月初旬~9月。

写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

  • 「伊豆の秘境」といわれる透明度抜群の海

    写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

  • カラフルな魚の群れをあちこちで見ることができる!

    写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

  • 皆さんをお出迎え♪

    写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

  • ダイナミックな地形も楽しめます

    写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

  • 時にはエイに出会うことも!!

    写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

おすすめポイント子どもと一緒に!家族で楽しめるスポットお魚がいっぱいサンゴ鑑賞船・渡船で行くスポット

写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

ヒリゾ浜へ渡し船で上陸!

ヒリゾ浜へは、中木漁港から船で渡ります。
受付でチケット購入時、ガイドブックをもらうことができます。ヒリゾ浜で見られる魚やシュノーケルのコツが紹介されているので要チェック◎

渡し船
大人(中学生以上)往復1500円
小人(4才~小学6年生)500円

注意点
夏休み中など混雑時は、駐車場(有料)が朝6時〜10時前でもいっぱいになってしまうことも!
また、トイレや売店は港にしかありません。ヒリゾ浜へ渡る前に、着替えや飲料水、レンタル器材などの調達を済ませておきましょう。

写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

熱帯魚・回遊魚・サンゴも!
綺麗な海でシュノーケル

ヒリゾ浜では、伊豆の魚だけでなく、黒潮とともに海外からやってきた多種多様な魚に出会えます。

クマノミ・ソラスズメダイ・ツノダシなどの可愛い魚から、カンパチ・メジナ・アカハタなど美味しそうな魚、貴重なエダサンゴの群生まで!よ〜く目を凝らして観察すると、砂地にエイが隠れていたり、ウミウシやカクレエビを発見できます。

シュノーケル上級者は、ドロップオフで水深10m程まで潜ると魚影が濃くなりさらに楽しめます◎

写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

流れがはやいところ、
危険な生き物に気をつけよう

遠浅で岩場が多く、子どもも一緒に磯遊びを楽しめるヒリゾ浜ですが、流れがはやいところもあります。安全のためにスノーケリングベストを身につけるようにしましょう。

また、ケガや危険生物から身体を守るために、長袖のラッシュガードやウェットスーツ、マリンシューズ、グローブの準備も忘れずに!

シャワートイレ駐車場売店・コンビニ子どもと行く車なしで行く教室で学ぶレンタルショップ
×

ヒリゾ浜(ヒリゾ海岸)への行き方

別ウィンドウで表示

車でのアクセス

>> 静岡県下田市から、国道136号線経由 約30分

静岡県下田市から、国道136号線を南に進み、日野交差点を右折。南伊豆消防署前を道なりに直進し、二条交差点を左折。差田信号を直進し、中木入口を右折すると中木へ到着。

公共交通機関でのアクセス

伊豆急下田駅下車後バスまたはタクシー

>>バス 約1時間
直通は本数が少なく、下賀茂で乗り換えて中木(仲木)下車

>>タクシー 約30分

おすすめ情報

ヒリゾ浜に関するお問い合わせはこちらへ【ヒリゾ浜渡し組合】Tel:0558-65-1050(営業時間 8:00~16:30)
写真提供:ヒリゾ浜渡し組合

情報募集中!

スノファンでは各シュノーケリングスポットの情報を随時募集しています!
「砂浜から右にすこし行ったところにクマノミがたくさんいた!」「あそこは波が高くて子どもは危ない」などなど、どんな情報もお待ちしています♪
その他、海の写真・見ることができる魚の種類・周辺の温泉やグルメなど、とにかく募集中!

ご提供はこちらからお願いいたします。抽選でReef Tourerオリジナルグッズをプレゼントいたします!